20141005モリコロパークサイクルフェスティバル_2時間男女混成3名の部 優勝2014/10/05

台風18号(ファンフォン)が近づく荒れ模様の天気の中、朝5:30、大会主催者による開催発表があった。あぁ、や、やるんですね・・・ということで、10:30頃、Wさんのプリウスでピックアップしてもらい、愛・地球博記念公園へ向かう。先週の万場クリテの反省や今後の練習内容について話し合いながら、1時間半くらいで到着。モリコロパークは初めてだが、意外と近くて驚き。

駐車場到着時は、ちょうど小雨になった頃だったので、急いでバイクを組み立てて、チームピット場所を確保しに行く。大会本部ステージ付近は屋根のある場所で、雨にぬれること無く過ごせて、大変助かった。受付も済ませ、参加賞のタオルとゼッケンを受け取る。

チームピット(といってもレジャーシート2枚を敷いた場所)で試走の準備をしていると、粟レンジャーな人々が出現したので、健闘を讃えつつ、コースの路面状況を教えてもらう。ハンパもんさんは、名前に反して半端でない走りだから、改名したほうが良いんじゃなかろうか、なんて冗談を話しながら試走へ向かう。

先ほどより雨脚が強くなってきており「こんな雨の中、自転車乗る人達はバカだよね〜」とチームメイトと話しながら軽く1周。晴れていたら、気持よく走れるコースだなぁという印象。Aチーム・Bチームともに第1走者は2周目も走った模様。

ピットに戻り昼飯(クリーム系パスタ)を補給して、競技説明へ。そのまま第1走者はスタートラインへ並んだが、スタートまでの待ち時間、相当寒かったらしい。

このコースはピット交代に備えて観戦するポイント選びが難しい。2周目、BチームNさんがAチームYさんをしっかり牽引している姿を応援して、チームピットへ戻る。

作戦通りの周回数をこなして帰ってくる頃を見計らって、Aチーム第2走者KさんとBチーム第2走者のWさんとともにピットエリアへ向かう。ほどなくしてずぶ濡れになったAチーム第1走者のYさんがピットイン。第2走者のKさんへ計測チップを中継して送り出す。この時点で3位の模様。チームピットに戻り、イナーメのレインジェルを塗ったり、縁起の良い塩むすびを補給したりして出走準備をしていると、YさんがWebの中間速報を見ながら「コレは勝てちゃうかもしれない、うん、勝てるような気がしてきた」と早くも勝利宣言でプレッシャーをかけてくれる(笑)

16:00前後のピット交代を約束していたものの、自分がピットエリアに行くのが少し遅れて、2分ほどタイムロスしてしまった模様。こりゃ申し訳ない、と思いつつ、スタート直後から徐々に上げていく。この段階で勝負は我々含む上位3チームに絞られていた。

良い感じで独走していたが、1周目の中盤頃から、後ろから妙にモトのクラクションが聞こえるなぁと思っていると、愛三工業レーシング2名が牽引する先頭集団がやってきた。これ幸いと、乗車させてもらう。ついていけないスピードではなかったので、ローテに加わり、このトレインで先行チームを追走することにした。

愛三2名、まるいち2名とともに先頭交代を繰り返す。意図的にローテに参加しない人もいて、まるいちな人はやや苛ついている様子。自分が積極的に前引いたら、先頭交代時にGood Job!ってな感じのハンドサインをもらう(ん、この人、どこかで一緒に走ったことあるぞと思うが思い出せない)。集団分散を狙って、時折、愛三がペースアップするが、そこはキッチリついていく。

しばらく走っているうちに、この集団の中に、1位の超カルレーシングと2位のTEAM Yがいることに気付く。超カルレーシングな人は先頭交代に加わらず、特に動きもしないので、これは既に我々を1LAPして優勝確信モードなんだな、と判断。こうなったら、2位は死守せねば、とTEAM Yな人を徹底マーク。

先頭で元気に展開していたまるいち2名がピットに入った後は、愛三2名がレースリザルトへの影響が出ないよう配慮してか、引きを弱めた。TEAM Yな人と自分でのローテがしばらく続いた。この辺りが一番辛かった。

現在時刻を確認し、残り2周回が確定したあたりで、最後の展開を予想して脚貯めモードに入る。コース終盤からタラタラと続く上り基調でのフィニッシュなので、スプリント開始ポイントはやや遅めにしようかなと考えながら。

最終周回もTEAM Yな人が積極的に引く。一回目の先頭交代要求には応ずるものの、二回目は拒否し、マークを外さない位置をキープ。ライバルチームが飛び出したら、即反応できるスクランブル体制を維持。

残り数百メートル、先頭はTEAM Yな人、続いて自分という必勝体制。右後方から、まるいちな人がダンシングで元気に飛び出す。TEAM Yな人が続いたので、シッティングのまま追走。そのままゴールスプリントするかと思いきや、やや失速したので、じゃ、行かせて頂きます、と下ハンシッティングのまま2人ともキッチリさして、最後は踏み切って先頭ゴール。何とか2位に食い込めた〜、とホッとしながら、計測チップ回収場所へ続く道をバイクを押しながら歩いていると、前方から、ずいぶん喜んだ雰囲気のチームメイト達が近づいてきた。どうやら勝ったらしい。

------

AB両チームで手に入れた勝利。今日みたいに、皆で協力して戦うチームエンデューロを、ずっと前からやりたかったので、最高の結果も出せて、大満足。祝勝会では、美味しいビールが飲めそうだ。あらためて、TRX-Racingの皆さん、悪天候の中、お疲れ様&ありがとうございました。
レースの展開的に、最終走者には、相当なプレッシャーがかかっていたけれど、実はプレッシャーがかかる程、チカラを発揮出来るタイプだという自己分析で締めくくってみる。

コメント

トラックバック