20141108JBCF幕張クリテリウム_E1 15位2014/11/08

JBCF J Elite Tour第33戦となる最終戦は、千葉市美浜区の海浜幕張公園でのクリテリウム。ミソノイレーシングチームからの参戦は自分一人。単独遠征は避けたく、SDLさんに便乗させてもらうことに。
金曜日20時にヤマ発駐車場に集合し、E口バス(えろバスでは無い、念の為)に乗り込んで移動。25時過ぎには湾岸幕張パーキングエリアに到着し、ゴソゴソと準備して就寝。

キャンピングカーでの車中泊は初めてだったが、持参した寝袋で熟睡出来た。6:30からの選手受付に間に合うくらいに会場到着。7:00からの監督会議は、I澤さんに出てもらい、その間にアップを兼ねた試走へ。昨年春と全く同じコース。曇り空で気温低めなので、カラダを冷やさないよう、珍しく念入りにアップして脚にオイルを塗る。

E1予選1組目は8:30スタート。1.55kmのコースを8周回する12.4km。38名が出走し、20名が決勝へ勝ちあがれる。ご近所ライダーのマサ君からのアドバイスは、ラスト4周くらいは先頭引くくらいの気持ちで前にいないと!とのこと。確かに道幅が狭くて抜き辛いコースなので、ポジショニングはかなり重要だ。
序盤〜中盤は集団後方にとどまるも、ラスト2周回で位置を上げ、最終周を知らせるジャンは先頭で聞く。しかし、その後はズルズルとポジションを下げてしまう。最終コーナー立ち上がりからスプリントするも、ビミョーな順位。「こりゃダメかなぁ〜、あいた時間で、以前住んでいた幕張近辺をぶらついてみるか」と思っていたら、ギリギリ20番でゴールラインを通過していたようで決勝進出。

SDL勢は、E3予選1組目でK嶋さんが予選通過、前半好位置をキープしていたI澤さんがまさかの予選敗退。E3予選2組目は、E口さんが危なげなく予選通過。

E1決勝は11:45スタート。27周回41.85km。
ボンシャンスのマサ君がまたもやアドバイスをくれた。それを参考に、3周目と6周目のポイントは見送り、中盤以降のポイント周回を狙うという作戦をたてる。序盤のポイント争奪戦で脚を使いきるのは得策ではない、という美浜での反省を活かす。

スタート後、いきなりペースが上がる。しかし、ついていくだけなら、そんなにキツくなく、10番手前後をキープ出来る。予定通り、3周回目、6周回目のポイント争奪戦は見送る。しかし、9周回目と12周回目のポイントは狙えず。様子を見ながら走っていると、14周目、バックストレートからの左直角コーナーで落車が発生。これを避けるのに手間取り、先頭集団から少し置いていかれる。FastLaneRacingな人の鬼引きにツキイチで追走し、本日の心拍MAXを記録。何とか集団に戻れそうだと思った矢先の第3コーナー(バックストレートへの入り口コーナー)で、痛恨のスリップ落車。単独落車で他のレーサーを巻き込まなかったのが救いだ。幸い、骨にダメージは無さそうで機材に不具合も無かったので、係員に人生初のニュートラル適用を申請する。翌周回の先頭集団に後方から合流させてもらえた。

レースは決定的な逃げは決まらず、先頭集団は前後に伸びたり縮んだりを繰り返しながら周回を重ねる。18,21,24周回のポイントバトルに絡むべく体制を立て直したいところだが、残念ながら絡めず。ファイナルラップのバックストレートで徐々に位置を上げ、落車に気をつけながら最終コーナーをクリアして、スプリント。着順は12位、途中のポイント獲得がゼロなので、最終順位としては15位で、ちゃっかり順位点27ptをゲット。

救護エリアで擦過傷の応急処置をしてもらい、チップとゼッケンプレートを返却して、車へ戻る。しゅんけすさんがアップで使っていたミノウラのモッズローラーは、落車防止ガイドと負荷装置が付けてありコンパクトで良さげだなぁ、と観察する。
E3決勝は13:50スタートで、18周回。E口さん・K嶋さん・しゅんけすさんを応援。しゅんけすさんが1pt獲得で9位、前半好ポジションをキープしていたE口さんは25位、K嶋さんは粘りの走りで35位。

皆のレースが終わり、片付け完了したところで、サイクルモードへ。
サポート頂いているINTERMAXさんのブースにお邪魔し、M上さんと電話以外で初めて会話。今日の落車もMETシンセシスの安心感で全く不安が無かったことを伝えたり、パッドやダイヤルが消耗品である事を知る。
http://www.intermax.co.jp/products/met/#road_mtb

その他の備忘メモ
・FSAのコンパクトハンドル、次はENERGYが良さそう。
・コンチネンタルのチューブラータイヤ、自分の用途だと今使っているCompetitionがベストみたいだ。プロは乗り心地と高速域での軽さからGP4000SではなくCompetitionを選ぶらしい。
・チームオリジナルジャージの作成業者は、ビブショーツのみのオーダーも可で、バッドも一人づつ選択可能だったりする。
・浜松にも店舗があるメガネの愛眼で、SWANSやOAKLEYの度入りサングラスを作ることが出来る。
・deuterのバックパック、買い換えるなら次はraceが良さそう。
・GARMIN EDGE1000、大幅機能アップでガジェットとしては面白そうだが価格がネック。トレーニングとレース用途に限定するならEDGE500×2台体制でまだまだイケる。
・YONEXの自転車関連事業の今後と販売戦略を聞けた。
帰りがけ、メインステージで開催されていたJBCF年間アワードをチラリと見学。HONDA栃木のチーム表彰式、壇上でのプロポーズにチョット感動。お幸せに!

北海道へ飛び立つI澤さんは会場で離脱。例によって車中あれこれ話しながら、23時過ぎに帰宅。左大腿部の擦過傷が地味に痛む。

反省点
スリップ落車は、バイクを寝かせ過ぎたのが原因だろう。路面は砂が浮いている鋭角コーナーだから、もっとスピードを落として慎重にクリアすべきところだった。高心拍時の不注意もあるが、相変わらずのテクニック不足で、久々に落車してしまった。自分の場合は、単独落車・バイクは破損なし・そのかわり身体がダメージを受けるというパターンが多い。
ポイントに絡めなかった。来年以降もクリテリウムは、ポイントレースになる流れが濃厚らしい(JBCFな人に聞いたところ、ゴールスプリントの落車回避と観客も楽しめるようにとの配慮から)ので、ポイントレースで戦える脚に仕上げる必要がある。

良かった点
落車しても諦めず、冷静にニュートラルを申告し、集団に復帰出来た。
E1クラスタで全く通用しないわけでもない、という手応えを感じた。
脚を休められないコースだが、踏むところと回すところを使い分けて、メリハリ付けた走り方が出来た。

コメント

トラックバック