20150419周回練習→大草山→浜名湖半周2015/04/19

今日のチーム練習参加者は18人くらい。5人だった先週とは打って変わって大盛況。
初参加の女性ローディーTさんと市立高校1年生にコース・休憩場所をレクチャーするため、1周目はゆっくりパレード走行。自販機休憩ポイントで一旦停止して集合場所を確認後、リスタート。

残り4周だからか、リスタート後は、すぐにペースが上がり、徐々に先頭集団の人数が減っていく。

何度かアタック・ペースアップがあるも、千切られてしまいそうな危機感を全く感じられなかったので、ほとんど腰を上げることなくジンワリと差を詰めて数秒以内で追いつく。地脚系ライダーY田さんの単独逃げだけは、吸収するまで少し時間がかかった。

あっという間に最終周回。年配女性が「お か え り」と微笑む看板がとても印象的(何をよそ見しているんだ>自分)な「こっそり堂」付近でペースアップしたN村君(with StagesPower)についていけず。それでも最終コーナー立ち上がり後のなだらかな上りで、意地のオジサンロングスプリントを発動し、自販機ポイント直前でさしきる。

後半、登り区間で低回転トルク型ペダリングに頼りすぎてしまったのは反省。ダンシングと高回転シッティングも織り交ぜたい。

休憩後は初めての大草山へ。約1kmの登りを気持ち良く走れた。

国一スプリントでは、マッチの本数が増えたような気がした。

浜松学院高校2トップの成長ぶりが頼もしい。「オジサン達と走ると楽しいだろ?」「いえ、お兄様達と一緒に走ると刺激を受けます!」なんて会話があったとかなかったとか・・・

自称クライマーのTZMさんが終始好調そうだった。群馬CSCで、ひと暴れし、持ち帰った賞状を蝋燭であぶると「チーム移籍届」の文字が浮き出てくるんだろうなぁと予言してみる(笑)

今日のリスペクト : 年齢的にちょうど一回り先輩であるY崎さん、途中のアタックに逐一反応せずともジワジワと追いつく粘りの走りで最終局面までキッチリ残っていた。ガーデンパーク付近の高速ローテも最後まで残っていて、ベテランの余裕と貫録を醸し出していた。もっと一緒に走って技を盗みたいところだが、別の用事が忙しく、次はいつ練習参加できるか不明だそうで残念だ。12年後の自分は、あんな風に走れるだろうか・・・。

101km
TSS: 241.5(StagesPowerでは206.0, GPSロストは再発せず)
SweetSpot: 6:43

先週と比べると、どの周回も平均出力は低いものの、平均速度は高い。風向・風力は似たような感じだったから、同走人数の違いに起因するものだろう。人数が多めだと高速域を維持しやすいが少人数の時に比べて先頭を引く時間が短めになり、人の後ろで休む時間が多いということか。レースシチュエーションを想像しながら、土曜自主練と日曜チーム練との使い分けというか練習組立のヒントを得た。

連日の追い込みで、TSB は今年2番目に低い数値まで下落。

<今日のMET シンセシス>
今日もインナーヘルメットはコットンキャップでちょうど良かった。
http://www.intermax.co.jp/products/met/#road_mtb


写真:炭焼き さわやかの「新ひとくちステーキ」で栄養補給