20160903帰国2016/09/03

5日間のインドネシア出張から帰国。

初日、スカルノハッタ空港のイミグレ待ち時間が50分くらいかかったのにはマイッた。
空港を出るとスコールがお出迎え。これが本当の「バケツの水をひっくり返したような」雨の降り方で、記憶の片隅から熱帯雨林気候という単語を思い出す。
空港からホテルまで2時間ほどの大渋滞の中、爆睡。
ホテルの部屋に入ると、いきなりゴキブリ君が歓迎ダンス。拍手の代わりに、ホテル備え付けの殺虫スプレー噴射をプレゼント。

ホテルの食事はなんちゃってじゃない日本食。なんちゃってなのはジムで、ないよりはマシ程度。カラダを動かす元気が出ず、滞在期間を通じて一度も利用せず。

そんな疲れたカラダを癒やすため、ホテル内のマッサージサービスを予約しようとするも、初日・2日目は営業終了・満員で予約できず。3日目にようやく予約でき、90分コース(1,600円くらい)を選択。途中、寝てしまうくらい気持ち良かったが疲れは抜けず。

パワーブリーズは2日目の朝にやっただけ。

最終日の午後、お約束の腹痛から例のコースへ。

今回、3年ぶりの海外出張だったが、今までで一番体調が悪かった。振り返ると、反省点がいくつか・・・
・長袖を持参せず、冷房にやられた
・暴飲暴食気味(特に冷たい麦ジュース)
・ローカルフード(写真)には要注意
それでも何とかミッションは完遂できたので良かった。

夜、発熱・腹痛・下痢の症状が治まらず、救急医療センターへ。処方されたクスリでようやく復活目処がたった。インド出張でもお世話になったクラビット錠万歳。

移動中、BOSE Quiet Comfort 35 が大活躍。特にフライト中のノイズキャンセリング効果は絶大で、往路は映画3本観賞、復路は腹痛と闘いながらも熟睡できた。手放せないアイテムになりそうだ。