20200301二部練習2020/03/01


起床時心拍数:?
起床時の感覚:二度寝
PB:30 × 1
天気:晴れのち曇り

午前の部
30km
IF: 0.842
TSS: 93.8
テーマ(内容):いつものコースは水たまりが酷そうだったので、磐田原台地でクライミングリピート。
機材:MBK RD750 + WH-R9100-C40-CL ステムを90mm6°に変更し5mmほど下げてみたが悪くない。落差はもう少しあっても良いかも。
身体面についてのコメント:ベースを鍛えてきたからか、高強度練習も以前よりは耐えられる。
精神面についてのコメント:3分前後の上り、十分苦しめた。2〜3分CP更新。
Garmin先生からのコメント:主な利点: 無酸素容量
運動量を高められます!このようなアクティビティは、動作経済や乳酸閾値を向上させ、有酸素限界を超える運動を維持する能力を高めます。無酸素運動の負荷が増加しました。
2.7 有酸素運動 有酸素運動フィットネスを維持
このアクティビティは、心肺フィットネス機能の維持に役立ちました。
3.7 無酸素運動 無酸素運動能力とパワーに影響
このアクティビティで高強度の反復運動を複数回行ったことで、無酸素運動の容量とパワー生成が向上しました。

午後の部
36km
IF: 0.805
TSS: 84.4
テーマ(内容):L3〜5のピラミッド3本
機材:MBK RD750 + WH-R9100-C40-CL
身体面についてのコメント:狙った強度を出し続ける走り方に慣れてきた。ピラミッド3本目の最後はスプリントを入れてみた。
精神面についてのコメント:陽気と時間帯のためか、コースの利用者が多く、やや気を使った。
Garmin先生からのコメント:主な利点: テンポ
このアクティビティでは、中程度のペースを長い時間を維持する能力が強化されました。高強度の有酸素運動の負荷が増加しました。
3.5 有酸素運動 有酸素運動フィットネスに影響
このアクティビティにより、心肺フィットネス機能が向上しました。
2.2 無酸素運動 無酸素運動フィットネスを維持
このアクティビティにより、無酸素運動ベースが維持されました。

その他:ConnectGarminによると、午前練習後のトレーニングステータスは「ピーキング」で、午後練習の後は「プロダクティブ」だった。