20200405花見ライド_べんてんじまヴィレッジ2020/04/05


起床時心拍数:?
起床時の感覚:目覚ましで起床
PB:30 × 1
天気:晴れ、風強し
132km
IF: 0.854
TSS: 319.6
テーマ(内容):春野1周(べんてんじまヴィレッジピストン付き)

機材:MBK RD750 + Fulcrum Racing ZERO
身体面についてのコメント:リープ練に参加しているだろうと思っていた豪脚2名が(リープ練が当面中止ということで)ジョインしてくれ、強烈な練習会になった。彼らのおかげで、TSSは予定より50以上は上がっただろう。
精神面についてのコメント:終わってみれば楽苦しい練習だった。
Garmin先生からのコメント:主な利点: 無酸素容量
運動量を高められます!このようなアクティビティは、動作経済や乳酸閾値を向上させ、有酸素限界を超える運動を維持する能力を高めます。無酸素運動の負荷が増加しました。

5.0 有酸素運動 オーバーリーチ
このアクティビティは非常に激しい内容でした。VO₂ Maxは大幅に向上しますが、回復時間を十分に取らないと体に害を及ぼす可能性があります。無理せず取り組んでください。

4.7 無酸素運動 無酸素運動フィットネスに強く影響
このハードな無酸素アクティビティは、無酸素運動の容量とパワーを急激に向上させると予想されます。

その他:花見ライドのつもりだったが、写真を撮れなかった。「桜とは涙と鼻水とよだれでぐちゃぐちゃになりながら、横目で愛でるもの」というサイクリストの言葉があるとかないとか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hibikorebenkyo.asablo.jp/blog/2020/04/05/9241903/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。