20200621海鮮ライ丼2020/06/21


Fさんと焼津小川港魚河岸食堂へ。

まぐろホホ肉塩コショウ焼き定食(¥900)を食した。魚っぽくない味だが、美味しかった。

「走れば走るほど強くなり、サボればサボるほど弱くなる」を絵に描いたような練習だった。
たるみきったカラダにスイッチを入れてもらえ、Fさんに大感謝である。

当面はレースが無い状況だが、モチベーションを高く保たれているFさんから刺激を受けた。
なんでも、先月は2,000km以上走ったそうな。
そりゃ、一緒に走ったら、8割以上ひいてもらっても不思議ではない脚力差で、両腿・左脹脛が攣った。
久しぶりの疲労感。

今年はレース自体がほとんど無さそうで(あっても当面は自粛)いかにモチベーションを保つかが課題だな。

Gコーチのコメント:主な利点: スプリント
これから飛躍しようとしています。このようなアクティビティは、神経筋協調性、スピード、およびパワーを促します。無酸素運動の負荷が増加しました。
5.0 有酸素運動 目標オーバー - テンポ
このアクティビティは非常に激しい内容ですが、筋肉の持久力を高めるために効果的でした。この強度のアクティビティは、低頻度で行うように注意し、回復時間も十分にとってください。
4.1 無酸素運動 無酸素運動能力とスピードに強く影響
よくできました! このアクティビティで高速・高強度の反復運動を複数回行ったことで、無酸素運動の容量とスピードが大幅に向上すると予想されます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hibikorebenkyo.asablo.jp/blog/2020/06/21/9263496/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。